インターネットで自分の世界が広がるクラウドを利用しよう
PAGE

インターネット上でのクラウド

インターネットで自分の世界が広がるクラウドを利用しよう インターネットが世に浸透してずいぶんとたつ。情報量の多さ、利便性からなくてはならないものとなっている。たとえば、出張にしても行先までの交通費とかかる時間を計算するのに使用し、切符までとれる。そして宿泊先のホテルの予約もやってのける。クラウドという言葉が使用されるようになったのはインターネットが世に浸透してからずいぶん経った後だ。認知度は落ちるがどういったものかというと、一番身近なクラウドはお金である。お金というとコンピューター関係とはかけ離れたものだと思う人間が大半だと思うが、紙幣や硬貨は環境さえ整っていれば使用できるものである。使用できる環境さえ整っていれば場所を問わず利用できることができる。これがクラウドというシステムである。

企業ではこういったクラウドのシステムを使用して、営業ツールに活用している。クラウドではセキュリティ問題があるというので、社内サーバーを活用する場面もまだまだ多いのだが、セキュリティー問題さえ解決すれば、これほど便利なツールはないといえるだろう。携帯、スマートフォン、アイフォン、アイパットなど、どれも持ち歩いていない人間など、最近ではほぼ無に等しい。ましてや社会人となると余計である。インターネットを見たこともない人間は少ないだろう。クラウドにおける通りの良いツールは主にグーグルのデータサーバーや、yahooメールなどである。社会人でなくともこれは使用する人間も多いのではないだろうか。携帯ツールのカメラ機能で手書きの書類を撮り、クラウドでデータサーバに送れば、それで社外の人間からの情報がどこにいても共有できるということである。クラウドシステムには使い方次第で、今後のシステムが躍進するか否かにかかっているといっても過言でない。

Copyright (C)2022インターネットで自分の世界が広がるクラウドを利用しよう.All rights reserved.