インターネットで自分の世界が広がるクラウドを利用しよう
PAGE

インターネットでクラウドが便利

インターネットで自分の世界が広がるクラウドを利用しよう 現在、インターネットでのクラウドと総称されるサービスは増え続けている。パソコンとインターネットが接続できる環境があれば、どこからでも様々なサービスを利用できる。まず、このクラウドと呼ばれるサービスについて具体的には何を指しているのかを説明する。クラウドとは日本語で雲という意味だが、そこから雲のようなつかみどころのないサービスと誤解されている方が結構いるらしい。たしかに、雲のようで実態がないようなイメージという意味では正しい。もちろん、クラウドは実態がないわけではなく実際はインターネットの向こう側、サービスを提供する発信元になっているサーバという機器が存在している。クラウドという言葉自体、実はネットスラングのように突然発生した言葉であるとか、本当は昔から存在した言葉であるとか諸説ある。どちらにせよ、現在クラウドと言った場合、その意味合いとしてはインターネットの向こう側のサービスを提供している元、すなわちサーバと呼ばれる機器がインターネットを利用する人にサービスを提供する仕組み、あるいはそのサービスを指していると考えれば良いだろう。

では実際に、クラウドと呼ばれるサービスにはどのようなものがあるのか見てみます。一つ一つ取り上げていくと、膨大な量になってしまうのでここでは3つのジャンルに絞って見てみることにします。3つのジャンルとはオンラインストレージ、フリーメール、無料レンタルサーバです。まず一つ目のオンラインストレージを説明します。オンラインストレージというのは簡単に言ってしまえば、USBフラッシュメモリーあるいは自分のパソコンに保存しているデータをインターネットの向こう側のオンラインストレージというサービスを提供しているサーバに保存するという仕組みです。オンラインストレージを詳しく説明しているサイトや書籍などもありますが、根本にあるのは自分の持っているデータをサーバに保存するという考え方です。オンラインストレージを利用して、サーバに自分の持っているデータを保存するとパソコンとネット環境があればどこからでもアクセスできて便利ですよね。二つめはフリーメールです。携帯やパソコンでメールをしたことがある人なら見慣れた送信ボタンや受信ボックス、あるいは本文を入力する場所などようなメールをするというときに見る定型的な表示があります。この普段携帯やパソコンでメールをするためのサービスをオンラインで提供してくれるサービスがフリーメールです。もう少し厳密に言うと、無料で使えるオンラインのメールサービスがフリーメールです。メールアドレスもフリーメール用のものを作成して利用します。オンラインショッピングをしたことがある方なら馴染みがあると思いますが、アカウントを作成して利用するというものです。このサービスもパソコンとインターネットを使える環境があればどこからでも利用できます。最後に、無料レンタルサーバというサービスについて少し説明します。インターネットをサービスを提供する側とサービスを利用する側に二分して見たときに、このサービスを提供する側を指してサーバと言います。一方、サービスを利用する側のことをクライアントやユーザと呼んだりします。サーバは、ユーザに対してWEBサイトやクラウドなどのサービスを提供する側のことです。無料レンタルサーバというのは、このサーバを無料で提供してくれるクラウドのことです。イメージとしては、まず無料レンタルサーバを提供するサーバがインターネットの向こう側にある図を想像してください。そして、そのサービスを提供してくれるサーバの一部を私たちに無料で貸してくれるというイメージです。その貸してくれたサーバの一部を利用して、私たちが新たにWEBサイトなどを公開したりできます。

Copyright (C)2022インターネットで自分の世界が広がるクラウドを利用しよう.All rights reserved.